陰間

陰間

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

「女貞訓下所文庫」陰子の図
陰間
陰間(かげま)というのは江戸時代、客を相手に色を売った少年の男娼のこと。
陰子(かげこ)・色子(いろこ)とも呼ばれた。

陰子の図で本来描かれている髪型

男色というと男同士の恋愛ととらえられがちだが江戸時代に江戸で流行った男色は少年愛としての意味合いが強く、成人男性と少年の組み合わせが主で成人男性同士の恋愛は当時でも少数派だった(武家間の念契はまた異なる)
少年は「女の子のような姿の少年」として色を売るので、陰間としての寿命はかなり短かかった。
客をとるのは大体13歳から20歳ぐらいまでで、陰間として年をとりすぎた場合女の人を相手にすることが多くなった。(後家さんや御殿女中が多かった)

歌舞伎の女形の修行の一環として客に色を売ることがおこなわれており、女形修行というより色を売ることを主体とした少年もまた陰間という名前で呼ばれた
陰間という名前は、もともとが歌舞伎の女形の修行中でまだ舞台に立っていない少年のことを呼んだ名前で
「表舞台に立たない→陰の間→陰間」 というのが由来になっている

舞台に立つ少年たちは舞台子(ぶたいこ)と呼ばれ、これまた公演が終わってからひいき客に色を売った。

« 江戸の少年愛

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr