紫帽子

紫帽子

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

江戸時代、男性は元服(成人)の際前髪を剃り落していたため、前髪があるということは「少年」であることの象徴であり江戸時代の男色の対象は前髪のある年齢の少年に向けられていたため、男色の対象とされる子たちを「前髪」とも呼んだ

江戸時代の髪型

江戸時代は時代によって風紀を乱すとの理由で歌舞伎の舞台にたてるものが制限されており、元服後の男性(=前髪を剃り落とした者)しか舞台にあがれない時期があった
そのため舞台にあがっているものは前髪を剃り落としていたのだが、元服後の男性の象徴であるその剃った月代を隠すためにかぶっていたのが紫帽子
紫帽子
舞台子」として絵に描かれる際は記号として紫帽子をつけた姿で描かれる


江戸時代の歌舞伎変遷

女歌舞伎(演者:女性)

風俗を乱すため禁止 (1629年)

若衆歌舞伎(演者:元服前の少年)

風俗を乱すため禁止 (1652年)

野郎歌舞伎(演者:前髪をそり落とした男性)

« 江戸の少年愛

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr