江戸の春画 【3人取り組み】

江戸の春画 【3人取り組み】

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

奥村政信 「閨の雛形」3人取り組み
陰間/遊女←男という3人取り組みの図
描かれている陰間の髪型は実際はおかっぱではない

陰間と遊女が同席しているのは珍しい感があるが
江戸で流行した男色は「性癖」というよりもあくまで「趣味嗜好のひとつ」といった感じのもので
陰間遊びは粋人の遊びととらえられていた面もあり陰間をつれての登楼は大変粋なこととされていた

陰間や若衆は女装した美少年なわけで遊女を含む女性にも人気があった
いつもは受け手の陰間に女を抱かせ、そこから性技を学ばせて
自分と事に及ぶ際にそれを活かさせ風味を増させるという趣向もあったという

春画には男色をその中に含む複数での取り組みが描かれてるものがあるが
女←若衆←男
若衆→女←若衆
などさまざまで中には
夫婦+若衆
というものもある

女←若衆←若衆←男+犬
とここまできたらわけのわからんことになってるのもある
多すぎる

« 江戸の少年愛

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr