江戸の春画 【鈴木春信】

江戸の春画 【鈴木春信】

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

鈴木春信「風流 艶色真似ゑもん」
鈴木春信

この絵は浮世之助(うきよのすけ)という好色な男が体を小さくする団子を仙女からもらい
諸国をまわっていろいろな色事を見て回るというはなしの一場面
浮世之助(絵の右にいる小さい人)が凧にのって陰間茶屋の2階に忍び入って陰子と客との情事をながめている

隠していると男か女かわからないので積極的に股間をみせるポーズになっている

元絵に書かれている少年のセリフは
「おぉ腕がだるくてしんどくなった」というあっさりしたもので
表情も実際はスンとしている

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr