江戸の春画 【師匠と弟子】

江戸の春画に好んで描かれるシチュエーションというものがあるが 男色図は「僧侶と稚…

江戸の春画 【小姓】

「欠題艶本」の一図 二枚続きの絵になっていて上図が二枚続きの状態 猿轡をかませた…

中品穴の図

男色向きの穴の品定めを描いたもの 上品・中品・下品の3種にわけて描かれている 【…

陰間の仕立て 【帰りが遅く寒い日に】

客の下へ出かけて帰りが遅い日は帰ってくる陰間のふとんにあらかじめ誰かが寝ておきあ…

陰間の仕立て 【ケツに塗る薬】

陰間もある程度成長すると性的な事柄を覚えてくるため、事の最中に前が反応することが…

陰間の仕立て 【江戸と上方の違い】

江戸出身者は気が荒い傾向にあったため、色を売る子たちは物腰や言葉使いのが柔らかな…

尻穴をほる五指の図

「艶道日夜女宝記」若衆仕入の図 江戸時代に書かれた指で仕込んでいく方法 客の物を…

陰間の仕立て 【通和散】

いちぶのりとおなじく潤滑剤として使うもの 作り方はいろいろと伝わっており店によっ…

陰間の仕立て 【いちぶのり】

いちぶのりとはケツに塗ってつかう潤滑剤として使われたもの ふのりを煮て紙に流し込…

陰間の仕立て 【棒薬】

棒薬とは7.6cmほどの木の棒に綿を巻いてイチモツほどの太さにしたもの。 陰間を…